募集要項

本コンテストの審査は、書類による予備審査とプレゼンテーションによる最終審査から審査させていただきます。

応募資格

  日本在住の中学・高校生(グループでも応募できます)。

コンテスト部門と募集テーマ

  以下の3つの部門のどれかのテーマを選んで応募してください。
 ※特別テーマ「ITによる震災復興」については、部門を選択した上でこちらもご参照ください。

審査基準

  • 独自な特色があること(新規性、独創性)
  • 社会への波及効果(サービス、楽しさ・面白さ)
  • 技術的評価(実現可能性)

神奈川工科大学 研究室一覧

  各テーマの発想のヒントになるかもしれません[研究室紹介ページ]

応募テーマ

情報工学科部門

  • 新しい情報ビジネスモデルを提案してください。
  • 未来の情報端末の姿はどのようなものになっていると思いますか?
  • より豊かな人生を歩むために情報技術が果たす役割を提案してください。
情報工学科ホームページ
情報工学科・学科運営ホームページ

情報ネットワーク・コミュニケーション学科部門

  • 環境にやさしい情報技術についてアイデアがありますか?
  • あったら嬉しいWebサービスは何ですか?
  • あなたの考える究極のセキュリティとは?
情報ネットワーク・コミュニケーション学科ホームページ

情報メディア学科部門

  • 夢のゲームをどんなふうにつくり、世の中をどう変えますか?
  • 情報メディアで世界を救うアイデアはありますか?
  • 情報メディア技術であなたの夢を語ってください 。
情報メディア学科ホームページ
情報メディア学科・学科運営ホームページ 

特別テーマ「ITによる震災復興」

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、私たちの日本、その社会に甚大な影響を与えました。今後、皆さんが活躍する時代にむけて、ITはどのような役割を果たすことができるでしょうか?
 このテーマ「ITによる震災復興」は上記の各学科部門を横断した、大課題として設定されています。
 ※このテーマに挑戦する方は、上記の各学科部門を選択した上で、エントリー時の『応募する夢のタイトル』に「(テーマ:ITによる震災復興)」を付け加えてください。

情報工学科部門 テーマの解説

(1)情報ビジネスモデルの提案

応募してほしい中学・高校生:起業を考えている人、社長になりたい人、お金を稼ぐことに興味がある人

 情報システムやネットワークを利用したビジネスの形態を考えてください。例えば、Appleは、iPodやiPhoneという機器とiTuneStoreというインターネット上のサイトをつくり、いつでも、どこからでもほしい音楽コンテンツを楽しめる仕組みを作って、世界中から大きな売り上げをあげています。また、Googleも検索エンジン内でユーザが入力した検索ワードに関連する広告を目立つ場所に表示することによって広告収入を得るなど、情報技術をうまく活用して大きな収益を上げています。
 既存の技術の組み合わせだけでも新たなサービスを産むことができます。みなさんも柔軟な発想で、情報システムを用いてこのような新たなサービス、儲かる仕組みを考えてみてください。

例えば・・・
  • iPhoneやAndroidケータイを使った新しい情報サービス
  • 皆がハッピーになる新たなネットショッピングサイト

(2)未来の情報端末の姿

応募してほしい中学・高校生:新し物好きの人、ゲームが好きな人、遊ぶことが好きな人、発想に自信がある人

 昔の携帯電話は大きくてショルダーフォンと呼ばれた時期もありました。また、できることも電話だけでした。しかし、今では通話以外にもメールやカメラ機能、お財布機能などを具備するとともに小型になり、常に持ち運べるものになりました。いつでも、どこでも、相手がどこにいようと(たとえ外国、地球の裏側でも)気軽にコミュニケーションできるようになりました。また、iPadなどの情報端末も出現し、本や新聞を端末で見ることも当たり前になりつつあります。未来の情報端末はどのようなもので、それによって我々の生活がどのように変わるのかを予想してみてください。

例えば・・・
  • iPhone、iPadやAndroid端末を超える新たな情報端末の提案
  • いまのケータイ電話の新たな使い方
  • スマートフォン上での新たなソフトウェア・アプリケーション

(3)より豊かな人生を歩むために情報技術が果たす役割


応募してほしい中学・高校生:ボランティア精神に富んだ人、人生をエンジョイしようとしている人、リケジョ(理系女子)

 情報技術や情報システムによって在宅勤務やネット通販、自宅での学習(eLearning)も可能になりました。男女を問わず、育児や家事という重要な責務をこなしながら社会で働いていくうえで情報技術やシステムは今後どのように変わるべき、変わっていくのでしょうか?また、コンピュータの潜在能力を利用して、障がいをかかえる方に対してもやさしいシステムができると思います。あなたが考える人にやさしい情報システムについて話してください。 

例えば・・・
  • 人と人とのコミュニケーション、つながり、きずなを豊かにする情報技術
  • ブログ、Twitterなどの発信情報を用いた(超えた)新たな情報サービス
  • 遠距離恋愛を支援する情報技術・サービス

情報ネットワーク・コミュニケーション学科部門 テーマの解説

(1)環境にやさしい情報技術についてアイデアがありますか?

応募してほしい中学・高校生:環境問題に興味がある人、情報機器の省電力化に興味がある人

 最近、環境問題についてのニュースをよく目にするようになりました。情報分野においてもコンピュータや携帯端末などの利用による電力使用量の増加が大きな問題となっています。このままのペースで情報機器の利用が増加すると、近い将来電力が不足するという事態にもなりかねません。そこで、情報機器の省電力化の仕組みを考えてみて下さい。

例えば・・・
  • 太陽光発電などの自然エネルギーを使って、情報機器に電力を供給する仕組み
  • 使用電力量を低く抑えられるような情報機器の使い方や工夫

(2)あったら嬉しいWebサービスは何ですか?

応募してほしい中学・高校生:SNSや投稿サイトなどを活用している人、ネットワークサービスに興味がある人

 最近、人間的・社会的関係を構築できるSNSなどのインターネットサービスが人々に広く親しまれています。また、以前は個々のコンピュータのソフトウェアが行っていた処理を、インターネットを通したサービスとして提供してもらう“クラウドコンピューティング”も普及しつつあります。そこで、皆さんがあったら便利だと思う新しいネットワークサービスを教えて下さい。

例えば・・・
  • mixiやモバゲーにかわる新しいネットワークサービス
  • クラウドコンピューティングの新しい利用方法

(3)あなたの考える究極のセキュリティとは?

応募してほしい中学・高校生:コンピュータウィルスや不正アクセスなどの情報セキュリティに興味がある人

 現在、多くの人々がインターネットを利用していますが、インターネットを通して個人情報が漏れる、コンピュータウィルスに感染するなど、様々な犯罪に巻き込まれることがあり、決して安全な環境ではありません。インターネットをより安全に使えるようにするためには、今のインターネットにどんな工夫がされればよいと思いますか?

例えば・・・
  • ウィルス対策ソフトに必要な新しい機能や工夫
  • インターネットをより安全にする仕組み

情報メディア学科部門 テーマの解説

(1)夢のゲームをどんなふうにつくり、世の中をどう変えますか?

応募してほしい中学・高校生:エンターテイメントサービスや技術に興味がある人

近年、コンピュータゲームの世界は、目覚ましい発展を遂げゲームのプレイスタイルが様々な形に変化してきています。任天堂Wiiやマイクロソフトキネクトのような身体を使って遊ぶゲームや、ニンテンドー3DS,NSPなど高性能な携帯端末の登場、他にもSNSを利用したMIXIのサンシャイン牧場や、携帯電話ゲームで旋風を巻き起こしたDeNAの怪盗ロワイヤルなど、遊びの形態とプレイスタイルが変化することで、今後は、これまでゲームに興味が無かった人達に、新らたなエンターテイメントを与えられる機会と可能性が広がっていくと考えられます。
 そこで、あなたの考える夢のゲームをどんなふうにつくり、世の中をどう変えるか提案してください。

例えば…
  • 女子やお母さん&おばあちゃんにウケるゲームとはいったいどのようなものか?
  • 身体をインターフェースとしたゲームをつくるとどんなゲームができますか、またどんな効果がありそうですか?
  • あなたがおすすめする最高のイラストレーターや声優などの「夢のキャスト」による最高のゲーム企画を提案してください

(2)情報メディアで世界を救うアイデアはありますか?

応募してほしい中学・高校生:情報メディア技術で世界を救いたい人

 現在世界には様々な問題が山積しています。例えば、発展途上国での貧富の格差や、先進国における高齢化社会問題、引きこもり、温室効果ガスの排出による地球温暖化や環境破壊、人口爆発、それに伴う資源の枯渇などなど、人間が活動することで起きる問題が私たちの未来に暗い影を落としています。
 しかしながら、人間が引き起こす問題は、人間の手によって解決しなければいけません。
 そこで、これらの問題をメディア技術で明るく解決する方法を提案してください。 

例えば…
  • 温室効果ガスを減らすために排出節約したCO2をポイントにして交換できるシステムとは何か?
  • 世界中の人々が言語によらず地球の明日について話し合えるWebサイトとは?
  • 世界中で地球環境の事を考えずにはいられなくなるゲームシステムはどのようなものか?

(3)情報メディア技術で実現したいあなたの夢はなんですか?

応募してほしい中学・高校生:情報メディア技術を利用してお金もちや有名人になりたい人

 情報メディア技術には、多くのチャンスと可能性が秘められています。これまでもITの世界では、Windowsを開発したビルゲイツやfacebookを作り上げたマーク・ザッカーバーグなどは、世界を代表する億万長者として世界有数の経済誌「フォーブス」に名をつらねています。
 他にもyoutubeやUSTREM,twitterなどを利用して自ら情報を発信し、時の人となる 有名人が数多く生まれています。
 情報メディア技術を利用したサービスやコンテンツを考えればアイデア次第でお金ちor有名人になれるかもしれません。 そこで、情報メディア技術を利用したあなたの夢を語ってください。 

例えば・・・
  • [世界No1のゲームプレイヤー]になって世界中の子供たちを勇気づけたい!
  • [昆虫と話せる装置]を開発して地球の明日についてみんなで考えたい!
  • ビッグブームとなる玩具やゲームを開発してお金もちになりたい!